相談する

現代人の病気の中でも厄介で尚且つ誰もがなる可能性を秘めているうつ病…。
もし自分がうつ病かもしれない…また家族や友人、恋人がうつ病かもしれないと思ったら1人で抱え込まずに必ず専門家の方に相談することを忘れないでください。
そもそもうつ病というのがどのような病気なのか、どのように対処したらいいのかわからないという人も数多くいらっしゃるだろうと思います。
まず気持ちが暗くなるのが一般的にあげられるうつ病の特徴だと思います。
そして体と脳は繋がっているので心が鬱だと身体にもそのエネルギーが伝わり不眠症になってしまったり、食欲がなくなってしまったり…体の疲れが取れなくなってしまったりしてしまうのです。
なのでうつと不眠症というのはどこかで繋がっていたりするのです。
またうつ病が単なる思い違いや怠けだと思われてしまうケースもまだあります。
なのでうつはダメな病気なのだと自分を責めてしまう人もいるのです。
自分を責めないでうつ病が世間に理解されることと自分での理解も大事になっているのです。
うつ病に効くお薬として抗うつ剤や不眠症にもなっているには睡眠薬が効くと考えられています。
ではうつ病を発症してしまった時にどういった専門家に相談したらいいのでしょうか。
それが主に心療内科と呼ばれる部分です。
心療内科はその言葉の通り心の面でのケアをしっかり行ってくれます。
なのでうつのことで悩んでいる人がいたら心療内科で一度相談してみるのが望ましいかと思います。
また睡眠薬と抗うつ剤を同時に服用すると体に良くないのではないかという見解もあるので正しい睡眠薬と抗うつ剤の服用の仕方を心療内科の方に聞いて自分の知識として頭に入れておくことはとても大事です。
鬱になる原因は人によって様々です。
なることは全然ダメなことではありません、ただ正しく治療するために睡眠薬や抗うつ剤などの薬の正しい知識を付けておくことはとても大事なのです。

関連リンク

慢性疲労症候群はいろいろな症状があるんですよ|慢性疲労症候群を正しく知るサイト
心の病は川崎市の定評のある精神科で診断してもらってください!|ふるしょうクリニック
横浜の心療内科なら子供も安心して通えますよ|たわらクリニック
非定型うつについて知りたいなら|うつ病~こころとからだ
心療内科を東京で探すならこちら|後藤クリニック

カレンダー
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930